新しい賃貸オフィスに移動した後に必須となる事を把握して
ロゴ

good office info

【スムーズな移転のために】賃貸オフィスレイアウトを決めておこう

新しい賃貸オフィスに移動した後に必須となる事を把握して

オフィス

レイアウトを検討する

新たな賃貸オフィスに移動した後も、やるべき事は多く残されています。会社の状態を早急に整えるためには、移転後に必要となる事を把握しておいてください。移転と共に必須となるのが、レイアウトを考える事となります。

配置をスムーズに行うために

レイアウトは会社の状況を大きく左右するものです。社員の働きやすさを向上させるためにも、会社のレイアウトは話し合いを持ちながら検討するべきです。移転後はスムーズに配置を決めるためにも、具体的な項目を考慮しながら決定する事が大切でしょう。

問題を明確にする

移転をするのですから、以前よりも会社の環境が向上している事が最も重要となります。そのため、社員の意見を確認してみる必要があるでしょう。移転をする際には改善策を意識してレイアウトを考える必要がありますから、現在の問題を明らかにしておく事が望ましいのです。

ここも知っておきたい!移転する直前にやるべきコトBEST5

no.1

住所変更の手続き

オフィスを移動する時、事前に行っておきたいのが住所変更の手続きです。移転する際にはやるべき事が多くなってしまいますが、こちらを忘れてはいけません。手続きをしている事で、郵便物が以前の会社に届く事を防止できます。

no.2

移転先の説明

オフィスを移転するわけですから、社員にも移転先の賃貸オフィスの情報を共有する必要があります。その時にはどのような理由で移転するのかを伝えるようにしてください。社員に理解してもらったうえで、移転の作業を行う必要があります。

no.3

案内状を作成

急に賃貸オフィスに移転すると、顧客に戸惑いを与えてしまいます。そのため移転する前に、案内状を作成しておくようにしましょう。移転に伴い、顧客や取引先に迷惑をかける事も予想されます。したがって、その旨を伝えておく必要があるのです。

no.4

荷物を分類しておく

会社が移転すると、まずは環境を整えるだけで多くの時間や労力を費やしてしまいます。効率的に荷物の搬入を行なうためには、事前に荷物を分類しておくとスムーズですし、オフィスの環境を素早く整える事ができます。

no.5

備品の梱包

新しい賃貸オフィスに移るわけですから、今まで使用していた物品を搬出する準備を進めておく必要があります。その際には、あまり使用しない物から梱包を進めていくようにしてください。梱包の作業は、引っ越し業者に依頼する事もできます。

広告募集中